土研式貫入試験器

土研式貫入試験器

特 徴


◆路盤の支持力強度の測定
道路路床、路盤の相対的支持力強度、支持力値が測定できます。

◆CBR試験、平板載荷試験等と同様の目的に適用できます。
地表から所要深度までの連続データが得られ、路盤下層の影響を過小に見積もる心配がありません。

◆道路のガス工事、電話線工事の完成後や復旧工事の点検用にも使用します。

構 成

案内棒 1   (径25mm、長さ1,000mm、鋼製)
案内継棒 1   (径25mm、長さ850mm、鋼製)
重錐 1   (円柱型、重量5kg、鋼製)
ワイヤー 2   (3mmφ×3.5m把手付)
先端コーン 1   (先端角度60°、円錐底部直径30mm鋼製焼入)
貫入ロッド 1   (径25mm、長さ1,000mm、10mm毎に目盛数を印刻、鋼製)
三脚 1   (脚長2m、ワイヤー用滑車2ケ付鋼管製(2本継ぎ式)
貫入案内指示板 1   (リング式)
▲このページのトップへ
計測器レンタル
測量
環境・安全・防災
測定・試験
映像・通信
測定業務のご案内
試験・測定業務
お問い合わせ
メールでのお問い合せこちら
TEL.06-6910-6913